国立研究開発法人建築研究所年間日射地域区分

a2区分(年間日射量が少ない地域) a3区分(年間日射量が中程度の地域) a4区分(年間日射量が多い地域) a5区分(年間日射量が特に多い地域) 太陽光発電設備の計算を行う場合に選択

省エネルギー基準計算支援プログラム. このページでは、平成27年7月8日に公布された「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)における住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準等の評価を行うために開発されたプログラムの概要について説明

所属 (現在):芝浦工業大学,建築学部,教授, 研究分野:建築構造・材料,建築構造・材料, キーワード:組積造,保存修復,イタリア,国際研究者交流,劣化現況,ヴィコフォルテ教会堂,建築構造・材料,文化遺産建築,地震,コンクリート, 研究課題数:7, 研究成果数:28, 継続中の課題:歴史的建造物の

一方、ブナの地理的変異に関する遺伝子レベルでの最近の研究から、8つの地域集団に区分されることが明らかにされている(Tomaru et al.1998)。 国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 東

※建具とガラスの組み合わせによる日射熱取得率および熱貫流率(国立研究開発法人 建築研究所ホームページ内「平成25年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住

所属 (現在):地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター(東京都健康長寿医療センター研究所),東京都健康長寿医療センター研究所,研究員, 研究分野:社会福祉学,教科教育学,教育心理学,公衆衛生学・健康科学,医療社会学, キーワード:介護保険,老年的超越,介護保険制度,高齢者,心理的適応

究所住宅研究部長と梶原浩一国立研究開発法人防災科学技 術研究所兵庫耐震工学研究センター長から、建築耐震に関 する調査開発研究をテーマに基調講演がありました。続い て、長江拓也同センター准教授が進行役となり、講演者2

土木・建設に関するフリーソフト、シェアウエアのリンク集:港湾、砂防、水理、上・下水道、土、構造計算、測量・数量

一方、草薙浩は2016年に、日降水量の平年値などからクラスター分析を用いて、日本を多雨地域と少雨地域の2つに大別し、多雨地域をさらに区分した3地域区分が降水量を元にした区分だとし、さらに区分地域の面積も考慮し、日本を9つの気候に区分すること

腸内細菌がミネラルの吸収を向上させる 必須超微量元素セレンを効率よく吸収する仕組 千葉大学 大学院薬学研究院 予防薬学研究室の小椋康光 教授と千葉大学 大学院医学薬学府博士課程3年の髙橋一聡氏は、体の中では非常

2014年11月、本研究会は国立研究開発法人建築研究所理事長、外皮の分野でトップの大学教授、設計事務所の先生、建築学の大学教授、パッシブ住宅の第一人者といった方々を中心に立ち上げ、セミナーを継続的に開催しています。

研究者番号 日本の研究.com : 116452 科研費研究者番号 : 30181647 所属 2010年度 (平成22年度) 海洋研究開発機構 ・地球環境変動領域・主任研究員 ※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得しています。

独立行政法人国立科学博物館の 平成28年度における業務の実績に関する評価 とした研究手法の開発を進めた。 主な国立公園を中心 とした地域の生物相

ネルギーの利用拡大は重要な課題である.本研究では,横浜市の家庭部門のエネルギー 需給に注目し,今後の人口変動や気温上昇などを考慮し,太陽光設備の普及を想定し たうえで,2030年における家庭部門のエネルギー需要(電力と熱)と再生可能

研究者番号 日本の研究.com : 207570 科研費研究者番号 : 20164436 所属 2010年度 (平成22年度) 東京大学 ・農学生命科学研究科・教授 ※日本の研究.com内の研究課題情報などから、最近の所属情報を取得し

CiNii 国立情報学研究所 学術情報ナビゲータ[サイニィ] 日本建築学会計画系論文集 一般社団法人日本建築 室内各面取合いの対流熱伝達率に関する実験的研究 その1 本文: CiNii

CiNii 国立情報学研究所 学術情報ナビゲータ[サイニィ] 日本建築学会中国支部研究報告集 一般社団法人日本建築 106 開口部を含む建築外壁の簡易断熱改修工法の開発(材料施工) 本文: CiNii

独立行政法人産業技術総合研究所 平成21年度計画 . i ては、地域の特性も踏まえた研究開発の中核拠点化を目指し、研究の重点化を行う。 《平成21年度計画》 アラモス国立研究所との共同研究協力促進をはじめとして、ナノテクノロジー、エネルギー

2017年07月26日現在 全収録誌数: 2,298 誌 全収録記事数: 3,684,240 記事 ジャーナル 2,051誌(3,026,811記事) 会議論文・要旨集等 247誌

熊倉永子助教が国立研究開発法人建築研究所・主任研究員に栄転したことをお知らせしました。 2019.04.11: 山田幸正教授が定年退職し、名誉教授・プレミアムカレッジ特任教授になったことをお知らせしました。 2019.04.11: オープンクラス担当者の変更をし

研究 区分 研究課題名 研究グループ (※は代表機関を示す) 研究総括者 (所属は代表 機関) 研究期 間 研究概要 評価コメント 24009 現場 ニー ズ対 応型 研究 茶園における一酸化二窒素 発生と炭素貯留を考慮した 整せん枝残さ土壌還元技術 の開発

長く住むために家族が幸せに暮らすために三善建設がお手伝いできること。それは、 省エネ・創エネ・蓄エネによるエネルギー収支0の住まい。強くて安全健やかで心地よい住まい。“ゼロエネルギー+ウェルネス”の思想により誕生した テクノストラクチャー工法の未来型住宅。

[PDF]

苫小牧地域 日射量マップ (過去30年間平均値) 単位:kWh/㎡・day クラスター候補地 : 苫小牧東部工業基地の概要 苫小牧市の東部に位置し、 基地内の高速道路を挟み 臨空地域と臨海地域に分かれる 総面積は10,700ha、JR山手線内側の1.7倍

農業試験場研究報告 第149号(1988) [4] 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合 開発機構.『バイオマスエネルギー地域自立導入案 件・技術指針』. (2017.9) [5] 中央農業試験場. 『余剰バイオガス精製・圧縮装 置と地域利用システム』.

issn 2433 - 278x . 革新工学センター年報. 令和2年2月 国立研究開発法人. 農業・食品産業技術総合研究機構. 農業技術革新工学研究センター

台湾 地方行政区分 ナビゲーションに移動検索に移動この項目では、主に島嶼・地域としての台湾について説明しています。台湾を統治する国家については「中華民国」をご覧ください。台湾地理場所太平洋座標北緯23度46分 東経121

国立研究開発法人 海洋研究開発機構 地理的分布を明らかにし、外国産種子の緑化利用の可否を検討し、遺伝的変異を考慮した地域区分を示して、イタドリの適正な緑化利用について提言することを目的とした。 九州大学大学院総合理工学研究所博士

[XLS] · Web 表示

当該検査業務は平成19~27年度の各年度において、一般競争入札により請負者を決定しており、そのすべてが国立研究開発法人国立環境研究所となったが、上記の技術、知見等の条件をすべて有する者が国立研究開発法人国立環境研究所の一者のみ又は複数者

年報第39号 試験研究の概要 研究問題xii 先進開発地域の森林機能特性の解明とその総合的利用手法の確立. 国においては科学技術基本法(平成7年),科学技術基本計画(平成8年),農林水産研究基本目標(平成8年),「林野三法」(平成8年),「森林資源に関する基本計画及び重要な林産物の需要及び

経済産業省とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。

研究成果の公表としては,研究報 告類の刊行として,国立科学博物 館研究報告(Series A~E)を11 冊,国立科学博物館専報を1 冊, 自然教育園報告第47号を定期的 に刊行し,成果を発信した。 また,論文発表としては,1 人 平均3.8件(総計232件), 著書

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)太陽光発電研究センター有機系薄膜チームは、公益財団法人高輝度光科学研究センター(JASRI)産業利用推進室と共同で、有機鉛ペロブスカイト太陽電池の作製過程を、大型放射光施設SPring-8を利用したX線

国立環境研究所年報 平成24年度

[XLS] · Web 表示

国立研究開発法人産業技術総合研究所が、福島再生可能エネルギー研究所において、被災地域に所在する企業等が開発した太陽光、風力、地中熱等の再生可能エネルギーに関連した技術シーズに対する性能評価、品質評価を行い、当該シーズの実用化に向け

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 中部センター 研究業務推進部 審議役 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 ナノ粒子機能設計グループ 先進的窓システムの開発 日射遮蔽と自然光利用の両立による省エネルギー

【発明の名称】余剰電力評価装置及び余剰電力評価方法 【出願人】清水建設株式会社 【課題】再生可能エネルギー由来の余剰電力発生量を推定して評価できる余剰電力評価装置を提供する。【解決手段】対象エリアの需要実績に基づいて需要を予測するエリア需要予測部と、前記需要の予測値

共同研究の区分 研究課題名 相手機関 陸域観測技術衛 星(alos-2) 干渉sar 手法を用いたプレート間固着による定常 的な地殻変動の検出 宇宙航空研究開発機構 nedo太陽光 電力系統出力変動対応技術研究開発事業 東京大学生産技術研究所 雪氷防災実験棟

1 2 273 284 295 床 太 根 法 構 組 軸 造 木 住宅 順 手 工 施 住宅資料 保温 保冷 ①露断プレミアを根太間に施工しま す ②露断プレミアを加工する場合は 添 木を用いて垂直に切断します ③長さを加工する場合

・2004年 国立大学法人化 ・2013年 施設・環境計画推進室へ改組 2004年度以降 提出19社の中から選定委員会による審査の結果,飯田善彦建築工房を選定 研究館東面の巨 創薬科学研究棟、cale、研究所共同館2期 にて、設計・施工進行中 .

« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 ». 2010年4月27日 2010年5月8日(土)外断熱改修セミナーin札幌「マンションの外断熱改修」ご案内. 札幌市では1965年から2000年に建設されたマンションは約2500棟あり、内1500棟はまもなく大規模改修の時期を迎えます。

永村 一雄 [大阪市立大学]の論文や著者との関連性

2015年度 肥育後期黒毛和種去勢牛に対する飼料用米多給方法の比較. 2015年度 シイタケ栽培施設内において双翅目昆虫より分離された昆虫病原性糸状菌. 2015年度 チューリップサビダニに対する生育期の効率的な薬剤散布方法. 2015年度 事前乾燥処理後に65℃で温湯消毒した種子を用いた生産現場で

記号 断熱材の種類 λ: 熱伝導率 (w/m k) b グラスウール断熱材 12k( ) 16k( ) 20k( ) 高性能グラスウール断熱材 10k(hg10-45 hg10-44 hg10-43) 12k(hg12-43 hg12-42 hg12-41) ロックウール断熱材 (la lb lc)